給水・排水管のトラブルと水道 工事・修理について

屋外の蛇口から水が吹き出ている、排水口から水が漏れている、配管に亀裂が入っているなどの水栓柱のトラブルはいつ起こるか分かりません。こういったときには水道 工事が必要な場合もあります。トラブルの原因が何かを把握し、そして適切な対応をしないといけません。大きなポイントになるのは水漏れの場合とつまりの場合に分けて考えることです。

■水漏れの場合

水漏れの場合は排水パイプの水漏れ、凍結による水道管の破裂、蛇口が劣化したことによっての水漏れなどが原因となります。どういった原因であってもそのまま放置するのは危険です。被害が拡大してしまい、費用が余計にかかる場合もあります。適切な対応を心がけるのであれば、やはり定期的にメンテナンスを行うのが望ましいです。そして、何か異常があるのならまずは水道修理工事業者に相談しましょう。



■つまりの場合

給水管のつまりは、経年劣化によるさびや、ゴミによるつまりがほとんどです。蛇口近くのゴミであれば、自分で掃除すれば解決できますが、配管の奥となると、そうでない場合もあります。水のつまりの場合にしても、まずは水道修理工事業者に相談するのが望ましいです。そのまま使用していると、水道が使えなくなってしまうこともないわけではありません。



■まとめ
水栓柱のトラブルは水漏れや、経年劣化によるつまりの場合もあります。どちらにしても自分で手に負えないと感じたら水道修理工事業者に相談することです。まだ水道が使えていると考えて対応が遅くなると、被害が拡大してしまう恐れもあります。迅速な対応こそが被害を拡大させない理由になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ